ナースのゴットハンドは癒しの象徴

埼玉ではとある季節に台風が来て大きな被害をもたらしました。
その台風によってけがをされた方が念のため病院に行くことが考えられて、台風被害をきっかけにして初めて病院に行く方もおられるでしょう。初めて訪れた病院で、看護師が自分へと差し伸べられるゴッドハンドなのかと思うくらいの癒しによって自分が癒されていくことで、「人からいただく優しさとはこういうものなのか、こんなにも自分へと慈悲の気持ちを抱いてくれているのか」という感想がにじみ出てくることが考えられるのです。人とのつながりによって、優しさという本質を知ることとなり、自分が授かった優しさを元にして多くの人に優しさを振りまいていこうとする気持ちが芽生えてくるのだと思うのです。言い換えれば、優しさに触れることによって、自分の人となりを再構築させていくという作用が生じてきて、その優しさをベースとした生き方を模索していこうとする意識へと変化させていくわけです。
 
看護師は、職業柄、患者の命を救う場面に立ち会うことが多いため、台風の影響ですさんだ心をいかにしてポジティブな気持ちへと転換していき、再び前へと進んでいく人たちの姿を通して、人は命ある限り窮地をものともしない不屈の精神を携えているのだといった、生命の躍動感を肌身に感じるようになるのだと思うのです。そこに恋が芽生えてもそれは仕方ありません。出会いは運命なのですから。

また、人によっては災害によって命の大切さを知ることになって、「自分はこれまでの人生を惰性で生きてきたことが恥ずかしく思えてきてしょうがないよ、これからは何か命を燃やせるような目標を持ってしっかりと生きていこうか」という目標意識を持つことを重点に置いた生き方を考えるようになるのだと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です